タウンミーティングの速報レポートのページ

明日9日(木) から11日(土)にかけてJR島本駅西地区の都市計画に関するタウンミーティングが計6回開催されます。このページでは各回でなされた質疑応答や感想を共有したいと思います。まだの回の方はより有意義な対話となるよう、ご参考に下さい。

しまもと・フォーラムのメンバーのレポートを掲載するだけでなく、このホームページを見に来て下さった方からのレポートももちろん大歓迎です。コメント欄からの投稿よろしくお願いします。

−−

9日14時から17時まで行われた広瀬タウンミーティングでは、西側開発計画の公益性がキーポイントだったと思います。この計画を進めることで、町全体にとってどのような良いことがあるのか。「未来志向で夢のあるまちづくり」というふわふわした言葉だけでは、公益性について納得はできません。残念ながら、タウンミーティングでは説得力ある話を町から聞くことはできませんでした。他にも、交通問題、調整池の問題、子育てしやすいまちづくりの問題、住民意見反映のこと、町長の公約との整合性についての意見が出されました。

2018/8/11  14時からの緑地公園住宅集会所でのタウンミーティングでの様子です。住民参加者14名でした。

町の説明資料の細かい部分についてはほどんど議論にならず、町が島本町の街作りについてまったく主体性がないこと、そういった町の姿勢に対する疑義が相次ぎました。
町は島本の街づくりはこうあるべきだとういう基本姿勢をまず示し、その上で西地区はこのように考えるということを提示するのが筋であるという主張が、特に2名の方から出され、印象に残りました。そしてもう一度白紙に戻してやるべきという意見が4~5人から出されました。農地を残して欲しいし、その手段もあるはずだという意見も複数出ました。

なお、町からの説明として、マンションを建てることの正当性、防災面の話、これまでの経緯、予算などは私にとってはそれほど新鮮味のある話ではありませんでした、いかなる回答の中でもこの開発が町民や町の未来にとってどのようなメリットがあるのかを説得力をもって示すことはできず、未来志向という抽象的なスローガンが具体に展開されていません。1月の説明の時から何の進歩もないと思いました。それもそのはずで行政は準備組合の下請けに過ぎないので説明できるわけがないのだとフジタの資料を読んで確信しました。

町の立場から見ると、この回のタウンミーティングは原理原則論しか出てこず、町の案を住民意見を聞いてマイナーチェンジできるような要素は皆無でした。こういうまっとうな意見を都計審や準備組合にどうやってフィードバックすればいいのか、あるいはもう無視せざるを得ないという結論になるのか、そういうものだったと思います。
ただ、やはりFace to faceのやり取りは迫力があるし、いろいろな意味で心に響くものがあると感じました。パブコメもいいのですが、文字よりも肉声の力は圧倒的です。町もこういう意見が大勢を占めることは覚悟していたと思いますが直接聞くインパクトはかなりあったと思います(と信じたい)。

なお、地権者はおられませんでした。町の提案に好意的な人もおられませんでした。全員が一度は発言されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です