「JR島本駅西の高層マンション建設計画見直しを求める署名活動」のお知らせ

島本町在住の方が作られている「南鳥島とアラヴァ岬の間で」というホームページがあります。その中で表題にありますように”「JR島本駅西の高層マンション建設計画見直しを求める署名活動」のお知らせ”というタイトルの記事があがっており、当フォーラムとしてもその取り組みに全面的に賛同するものです。上記ページはJR島本駅西のマンション建設計画に対する問題点が的確に表現されており、是非ごらんになってほしいと思います。署名用紙は当該ページ、あるいは下記よりダウンロードできます。(作者より承諾を得ております。)

署名用紙

都市計画審議会(2018/10/8開催)レポート

今回は町のウェブサイトでも公開されている「タウンミーティングでの代表的ご意見に対する町の考え方」の説明から始まりました。

ほぼ内容に沿った説明でしたので詳細は島本町のサイトからダウンロードして読んでいただきたいと思います。

その場での資料にはない町の追加回答もありました。例えば、JR島本西地区は現在、市街化区域編入前の保留区域になっているわけですが、それを大阪府に申請した時は「文教ゾーンとして開発」となっていて実際に学校の誘致計画がありました。

この開発計画の基準となる島本都市マスタープランでは

「JR島本駅西地区周辺については、土地利用の動向や地権者、住民の意向を踏まえ、地区計画などを活用し、都市基盤の整備と合わせて、駅前地区にふさわしい商業・サービスや住宅などのほか、学術・研究・医療・健康など公共公益的機能の導入も検討し、都市機能を充実・強化します。」

とあります。

ところがそれがいつの間にか計画はマンションと住宅に変わってしまっているのです。これはどういうことだ、整合してないでしょうという意見があり、それに対する回答があったのですが、上記のマスタープランの抜粋部分を読み上げ、

「当初の文教施設でもマンションでも整合性は担保されている。」

とのことなのです。これが誠実な回答と言えるでしょうか?今回町の出した文書を読んでもわかりますが、どんな意見が出ても「町の考え方」というフタを被せ、結局何も変えないのです。

その他、町のびっくりするような発言は、児童増加対策の質問に対して「間に合わない場合はプレハブで対応、例えばですが」と回答があったことです。回答を受けた委員は「この時代、この段階でプレハブという計画はどうかと思う」と思わずおっしゃいました。何も想定してなかったので、とっさにプレハブと言ってしまったのか、本当にそれでしのげばいいと思っているのでしょうか。

そしてタウンミーティングでの意見で都市計画に取り入れたものは無かったと行政よりきっぱりと回答ありました。事実、この日の資料を見てもその通りの内容です。嘘はありません。

したがって町の計画は実質的に何も前回の説明と変わっておらず、ここに新たな内容でご報告することはほとんどありません。

人口推計1250人についても前回通りで、もう少し増える予想もあるが、現段階では曖昧であってそれを示すのは混乱を生じるとのことです。典型的な役人答弁。大事なことを隠すときの常套句です。百歩譲って、学識者と町の認めた人で構成される審議会は判断能力のある人の集まりなのですから、マンションが建った時の予想人口できちんと説明すべきです。その人たちですら混乱するのでしょうか?そんな能力の無い人たちが審議しているのですか?

同時に財政効果については税収については報告ありましたが、支出については工事事業費の見積もり(2.3億円/前回資料と変わらず)にとどまり、保育教育やインフラ維持などにかかわる経費予想は明らかにされておりません。このようにきちんとチェックすべき事案に対しておひとりの委員以外は特に追及されず、2.3億円という金額だけしか出費しないなら安心だと言う意見まで出る始末です。

何もアップデートせずに説明をする町に対し、公募委員の一人は「何のためのタウンミーティングだったのか、何も反映することがないというのは発言した住民に失礼。内容にもっと検証が必要。これでは大阪府との協議なんて到底認められない」と強く主張されました。

しかし複数の委員からは

「今は先に道路、高さ制限、すべて決めて計画するから計画的なきれいな街作りができる。ただ地権者の協力がいる。われわれ住民が言うよりも、地権者の協力を求めるのが大事だ。準備組合がまとめてくれてるということは非常に大切なことなので、これも考えてあげて」

「みんなの意見をいれればいいけどみんなの価値観を一つにまとめるのは無理。ある程度のところでベターな方法で進めていかざる得ない。(中略)この際、ある程度辛抱して、お互い寛容な気持ちでやっていかな仕方ない。」

「論理の流れ。町の考え方、その後の対応方針が総論になっていて全体の街づくりになっている。これを読んでいるとタウンミーティングがなかったことにはなってないと思う。」

「意見があるとは思うが、お互い様に、もちつもたれつで、意見が通らない部分があるが、お互いに意見交換、我慢するところは我慢する。これですばらしい街づくりができると考えます。」

と、町の計画を全面的にバックアップする意見が続出。地権者が一所懸命やってるんだからこちらからあまり文句は言えないよとなれば何のために皆さん集まっているのでしょうか。そもそも審議会は地権者の活動に対して情緒的に反応する場ではないはずです。まさに公募委員が指摘するように町の計画を検証するのが仕事なのです。「たくさんの意見をまとめることは無理です」なんてそんな小学校の学級会みたいな低レベルな話ではありません。

こんなことを言う暇があるなら1250人の推定や支出も含めた財政シミュレーションについて糺さないといけないと思います。

最後に榊原会長がこうおっしゃいました

「報告案件ではあるが、ただ、タウンミーティングのこともある。委員の方の意見、町はそれに対して十分ご検討していただくようにお願いしたい。」

そして町は審議会の翌日に大阪府との協議を開始しています(その日のうちに行きたかったようですが)。榊原会長のまとめはどうなったのでしょうか。これは社交辞令と町は思っているのでしょうか?もはや町には建て前すら残っていません。

ところで大阪府との協議が始まるということは計画の中では一つの大きなステップとなります。素案作りが始まり、内容が固められていきます。次の島本町都市計画審議会は平成31年の夏ごろになると予想されます。どう対応していくべきか町民にとって大きな課題です。

え?1人4票!?都計審議員の選出法が不適切!

昨年(2017) 4月、議会で5人の議員候補者から4人の都計審委員が選出されました(会派別に一人の候補をたてた)。しかし、その選出が姑息な手段で行われていた事がわかりました!選出は全議員による投票で行われました。普通は一人一票を投じて得票数が多い順に4人を選びます。このやり方だと、過半数の支持が無くても委員になれます。結果として、いろんな面から都市計画を検討すべき都計審委員に多様な意見をもつ議員を選ぶ事ができます。しかし、このときは一部議員の提案によって一人四票を投じたのです。これは大きな問題です。いじめのように多数派が示し合わせて都合の悪い候補を委員から排除する事ができるからです。心ある複数の議員がこの問題に気付き強く反対しました。しかし、多数会派の議員はこの反対を無視し、また間違った方法を議会が行おうとした場合、止めるよう意見すべき議会事務局も多数会派の言いなりになりました。このような委員を含む都計審で本当に住民の意見が反映されるのでしょうか?

———————————————————

文章ではわかりにくいので例で解説します。都計審では5人から4人を選ぶ選挙でしたが例では4人から3人にしています。しかし原理は同じです。

Eを除く各会派からの4名の候補者(い、に、へ、ち)から3人の代表を選ぶ選挙をするとします。この時、投票用紙に定数の人数だけ記入する方式(例では3名)を完全連記制といいます(これが上記の「姑息な手段」です)。例ではA,B,Cが似た考えの会派とします。そしてD,Eがそれとは反対の考えを持つ会派とします。

ここで、A,B,C会派がD会派を排除するためにあらかじめ示し合わせるか、あるいは暗黙の了解でそう考えたとすると結果は表1、2のようになります。一人一票だと各議員が自分の会派に投票するので表3,4のようになります。結果が大差で変わることがおわかりになると思います。このような結果を見越しての突然の提案であったと思われます。

※Eは一人ですがそれも「会派」としました。会派というのは同じ考えの議員が集まって構成されています。一般に政党に属する議員は同一政党で会派を組みます。無所属であれば同じ政治信条の人が組みます。

表1 完全連記制

議員名 会派 選挙権 候補者 投票先
A い、に、へ
A い、に、へ
A い、に、へ
B い、に、へ
B い、に、へ
C い、に、へ
C い、に、へ
D い、に、ち
D い、に、ち
E い、に、ち

 

表2(1の結果)

得票 結果
い (A会派) 10
に (B会派) 10
へ (C会派) 7
ち (D会派) 3

 

表3 一人一票

議員名 会派 選挙権 候補者 投票先
A
A
A
B
B
C
C
D
D
E

 

表4 (一人一票の結果)

得票 結果
い (A会派) 3
に (B会派) 2 決選投票
へ (C会派) 2 決選投票
ち (D会派) 3